硬毛化・増毛化のリスク

医療レーザー脱毛施術後に毛が太く硬くなる硬毛化、毛が増える増毛化が起きることがあります。原因は解明されておらず、現在は残念ながら適切な予防策がない状況です。

ただし、医療レーザーの照射を繰り返し行うことで症状が改善される可能性もあります。

脱毛施術を受ける前に硬毛化・増毛化のリスクを理解しておくことが大切です。

硬毛化・増毛化とは

硬毛化は、脱毛施術後に1本1本の毛が太く硬くなる現象です。

産毛への照射後に発生しやすい傾向があり、肩や背中、お腹、アゴ周りの脱毛施術時には硬毛化のリスクに注意する必要があります。

増毛化は、もともと毛が生えてなかった毛穴から毛が生え、施術後に毛の本数が増える現象です。

硬毛化・増毛化の原因は医学的にはいまだに解明されていません。しかし、一説にはレーザー照射で発毛組織を破壊するはずが、なんらかの原因でかえって発毛組織の働きが活性化し、硬毛化・増毛化が発症していると考えられています。

なお、医療レーザー脱毛に限らず、サロンでの光脱毛施術や家庭用光美容器の使用にも硬毛化・増毛化の症状が現れるリスクがあります。

毛を剃った後に毛の断面が太く見えることがありますが、これは硬毛化ではありません。また、ホルモンバランスの影響による毛量や毛質の変化も硬毛化や増毛化とは異なります。

硬毛化・増毛化に関するレジーナクリニック オムの対応

レジーナクリニック オムでは、硬毛化・増毛化の可能性があることをご了承いただいた上で脱毛施術を受けていただいております。ご契約前の医師とスタッフによる無料カウンセリングで、患者様に硬毛化・増毛化のリスクについてご説明いたします。

硬毛化や増毛化の原因は解明されていないため、現状では施術時の予防法はありません。ただし、産毛への照射で発症しやすい傾向があるため、細く色素が薄い毛への照射を避けることが予防につながるといえます。

レジーナクリニック オムでは、患者様のご希望に合わせて脱毛プランをご提案いたします。施術を希望する部位のご相談、硬毛化や増毛化に関するご質問がありましたら、カウンセリング時にお気軽に医師やスタッフにお伝えください。

また、硬毛化・増毛化は、レーザー照射を続けることで症状が改善されることがあります。レーザーを照射すると、硬毛化・増毛化が起きた毛穴の発毛組織が破壊できる可能性があるためです。

施術後に硬毛化や増毛化のような症状があらわれた場合、通院中のレジーナクリニック オムにご連絡ください。医師が患者様を診察し、硬毛化や増毛化と診断した際は、次回施術で該当部位をレーザーの照射出力を高めて施術するなどの対応を行います。なお、ご契約の施術回数を消化し、追加で照射をご希望の場合、あらためて施術コースをご契約いただく必要があります。