照射漏れの原因と発生時の対応

照射漏れは、レーザーが部分的に適切に照射されず、施術部位の一部に毛がまとまって残る状態です。レジーナクリニック オムでは照射漏れがないよう慎重に施術を行っていますが、骨格が複雑な部位などではまれに照射漏れが起こることがあります。

照射漏れの可能性がある場合、施術を受けたレジーナクリニック オム各院にご連絡をお願いします。施術後28日以内に診察を受けていただき、医師が照射漏れと診断した際は無料で再照射を行います。

照射漏れの原因

照射漏れは、骨格の凹凸がある部位において脱毛機のレーザー照射面が密着しないことが一因で生じます。

例えば、手首、ひじ、ひざ、足首などの関節部分や周辺、VIOライン(デリケートゾーン)は骨格の凹凸が多く、照射面が皮膚から浮きやすい部位です。また、アゴ周辺や首元も複雑な形状のため、ヒゲ脱毛の施術の際に照射漏れが起きることがあります。

なお、レジーナクリニック オムでは、看護師が脱毛機を慎重に動かして患者様の肌にレーザーを照射していますが、部分的にレーザーが当たらず、照射漏れが生じる場合があります。

このほか施術時の痛みで患者様が動き、照射面がずれてレーザーがうまく当たらず、照射漏れが生じることもあります。

照射漏れの可能性がある施術後の状態

施術直後に照射漏れの有無は判断できません。通常、レーザー照射後1~4週間経過すると、発毛組織を破壊できた毛は自然と抜け落ちていきます。施術後2~3週間が経過した時点で一部分だけ不自然に毛がまとまって生えていたり、線状に残っていたりする場合、照射漏れの可能性があります。毛がまばらに生えてくる状態は、照射漏れではありません。

施術後2~3週間が経過し、不自然に残っている毛があれば照射漏れの可能性があるため、施術を受けたクリニックにご連絡ください。

レジーナクリニック オムの対応

施術部位のマーキングによる照射漏れ防止

レジーナクリニック オムでは、施術部位をマーカーで区切り、照射箇所を細かく分けることでレーザーの照射漏れ防止に努めています。さらに研修を実施し、医師・看護師ら医療資格者の知識や技術向上を目指しています。

また、患者様の痛みの感じ方など施術時の反応を見ながらレーザー照射のテンポを調整し、患者様の痛みによる動きが原因で生じる照射漏れ防止に取り組んでいます。

再照射の無料対応

照射漏れの可能性がある場合は、施術を受けたレジーナクリニック オム各院にご連絡ください。優先的に診察予約をお取りいたします。施術後28日以内に医師による診察を受けていただき、照射漏れと診断された場合、診察当日に該当部位を無料で再照射します。

照射漏れの保証期間は施術後28日間です。保証期間を過ぎると無料で再照射ができないことがあります。

なお、照射漏れの可能性がある部分は剃毛せずにご来院ください。剃毛すると照射漏れの診断ができなくなります。再照射の場合は、スタッフが施術時に剃毛します。