脱毛施術の火傷のリスク

医療レーザー脱毛施術によって、まれに肌の赤みやひきつり、かゆみ、水ぶくれなどの火傷の症状があらわれることがあります。

レジーナクリニック オムでは、細心の注意を払って施術を行っていますが、万一、施術後に火傷の症状があらわれた場合、速やかに通院中のクリニックにご連絡ください。医師による診察や薬の処方に追加費用なしで対応いたします。

脱毛施術で火傷が生じる原因

不適切な照射出力の設定

医療レーザー脱毛施術は、黒い色素(メラニン色素)に反応して熱を発するレーザーを肌に照射します。この熱で発毛組織を破壊するのですが、レーザーの照射出力が高すぎると、毛のメラニン色素に強く反応し、熱の発生量が過度に増えてしまいます。また、肌表面のメラニン色素にレーザーが反応する可能性も高まり、肌表面に熱が伝わって火傷が発生することがあるのです。

施術による火傷のリスクを下げるには、医師が診察で患者様の肌質や毛質を確認し、適切な照射出力を見極める必要があります。また、施術の際には医療資格を有するスタッフが患者様一人ひとりの肌状態や毛量・毛質を的確に判断し、照射出力を調整しながら施術を進める技術が求められます。

肌の乾燥

乾燥肌は、外部の刺激から肌を守るバリア機能が低下し、敏感な状態です。乾燥した敏感な肌状態で脱毛施術を受けると、照射時に発生する熱のダメージを受けやすくなるため、火傷が生じる可能性があります。

肌の乾燥を防ぐために、日頃からローションやクリームなどで入念な保湿ケアを行いましょう。特にアゴや頬、鼻下は、ヒゲの剃毛の頻度が高く乾燥しやすい部位です。剃毛時は電気シェーバーを使用したり、保湿剤が含まれているシェービングジェルやフォームを使ったウェットシェービングを心がけたりして、乾燥を予防しましょう。

日焼けした褐色肌や黒褐色の肌・色素沈着が見られる部位

日焼けした褐色肌や色素沈着のある部位は、レーザーが毛だけではなく肌のメラニン色素にも反応してしまうため、火傷のリスクが高まります。

日焼け止めクリームや帽子を使用したり、肌が隠れる衣服を着用したりして日焼けを防止しましょう。ヒゲ脱毛の施術を受ける場合、顔は特に紫外線を浴びやすい部位のため、日ごろから日焼け止めクリームを塗布して、紫外線対策を十分に行ってください。

レジーナクリニック オムの対応

医師の診察にもとづく施術可否や照射出力の判断

レジーナクリニック オムでは、医師が患者様を診察して施術可否を判断します。火傷などのリスクを下げるため、極度に乾燥している肌、日焼けして炎症を起こしている肌の患者様には施術を行いません。施術日の調整やスキンケア方法をご提案します。

施術時は、患者様の肌質や毛質を見極めて脱毛機の照射出力を設定しています。タトゥーがあるなどの肌表面の色素が濃く火傷のリスクが高い部分は施術できません。その場合、タトゥーとその周辺は避けてレーザーを照射いたします。また、施術のたびに患者様の肌状態や体調を確認してレーザーの出力を調整し、火傷のリスク軽減に努めています。

火傷が発生した際は診察や処方に追加費用無しで対応

レジーナクリニック オムでは患者様の肌状態や毛質などを確認し、細心の注意を払って施術を行っておりますが、施術後にまれに火傷が発生することがあります。

施術による赤みやひきつり感など火傷の症状がある場合は、通院中のレジーナクリニック オムにご連絡ください。医師による診察や薬の処方に追加費用無しで対応します。火傷をそのままにしておくと、症状悪化や色素沈着の原因となる可能性があるため、速やかに診察を受けていただくようにお願いいたします。