脱毛のリスクと対応

医療レーザー脱毛は、レーザーを皮膚に照射して熱を発生させ、発毛組織を破壊する施術です。施術に際しては、痛みが生じたり、肌の赤みや毛穴の炎症が起きたりするなどのリスクが伴います。

クリニックでは安全に配慮して施術を行っていますが、リスクを完全に防ぐことはできません。

レジーナクリニック オムでは、ご契約前の患者様に施術のリスクを詳細にご説明しています。また研修で医師や看護師の知識や技術向上を図り、施術後の肌トラブル予防に努めています。なお、万が一の肌トラブルが発生したときも無料で診察に対応します。

レーザー照射時の痛み

医療レーザー脱毛の施術は、レーザー照射時に発生する熱が原因で痛みが生じることがあります。レーザーは毛の黒い色素(メラニン)に反応し、熱を発生させて発毛組織を破壊します。この熱が皮膚に伝わり、痛みを感じることがあるのです。

太い毛はメラニン色素が濃くレーザーが強く反応して熱が発生しやすいため、ヒゲや胸毛、ワキ毛、アンダーヘアなどの照射時は痛みを伴う傾向があります。

レジーナクリニック オムでは、冷却機能を搭載した医療脱毛機で肌を冷やしながらレーザーを照射し、痛みの原因となる熱を感じにくい施術を目指しています。また、施術時の痛みが不安な方には無料で麻酔クリームの処方・塗布が可能です。

炎症(赤み・ひりつき・腫れ)

医療レーザー脱毛施術時に発生する熱で軽い炎症を起こすことによって、肌に赤みやひりつき、腫れが起きることがあります。

レジーナクリニック オムでは、患者様の毛質や肌状態に合わせてレーザー出力を細やかに調整することで、赤み・ひりつき・腫れが生じるリスク軽減に取り組んでいます。

なお、施術後の肌に赤みやひりつき、腫れなどの症状がでた場合は、濡れタオルなどで冷却したり、炎症を抑える軟膏を塗ったりすると数時間から数日で症状が落ち着くことがほとんどです。

しかし、症状が長引いたり、悪化したりした際は、施術を受けたクリニックにご連絡ください。医師が診察や薬の処方を無料で行います。

火傷

医療レーザー脱毛の施術時に強い熱が生じると、肌が火傷し、強い炎症や水ぶくれができることがあります。

強く乾燥していたり、日焼けして見えない炎症が起きていたりする肌へのレーザー照射も火傷を引き起こす要因となります。

レジーナクリニック オムでは、医師による施術可否の診断、患者様の肌状態に合わせたレーザー照射出力の調整、冷却機能搭載の脱毛機で施術を行うことで火傷発生のリスク軽減に努めています。

施術後の肌に火傷の症状が出た場合、速やかにクリニックに連絡し、医師による診察を受けてください。火傷を放置すると症状が悪化し、色素沈着の原因になる可能性があるため、適切な治療が必要です。

硬毛化・増毛化

医療レーザー脱毛の施術を受けたにもかかわらず、施術後に濃く太い毛が生えてくる硬毛化や毛の本数が増えてしまう増毛化の症状が出ることがあります。

産毛や細い毛が生えるうなじ、背中、お腹、二の腕などは、症状が出やすい部位といわれています。硬毛化と増毛化の原因は解明されておらず、残念ながら予防でリスクをゼロにすることはできません。

しかし、施術後に症状が現れた場合、レーザー照射を続けると症状が改善されることもあります。

レジーナクリニック オムでは、医師が診察で硬毛化・増毛化と診断した場合、次回施術時に該当の場所をレーザーの出力を高めて照射するなどの対応を行っております。

毛嚢炎

医療レーザー脱毛後、毛穴やその周辺に細菌が入り炎症を起こす毛嚢炎が生じることがあります。白色もしくは赤みを帯びた発疹がでる症状で、かゆみや痛みを伴うこともあります。

レーザー照射でダメージを受けた肌は、外部からの刺激から皮膚を保護するバリア機能が低下しています。雑菌が侵入しやすい状態のため、毛嚢炎が発生するリスクが高まるのです。

レジーナクリニック オムでは、施術に使用する機器の滅菌・消毒や使い捨てシェーバーの利用などで衛生管理を徹底し、施術中や施術後の肌を清潔に保つように努めています。

もし施術後の肌に毛嚢炎ができた場合、施術を受けたクリニックにご連絡ください。毛嚢炎の症状に応じた処置や薬の処方に無料で対応します。

毛嚢炎のリスク

照射漏れ

施術時にレーザーが毛のメラニン色素にうまく反応せず、施術後に毛が抜け落ちないまま一部に集中して残ることがあります。これを照射漏れと言います。

患者様の身体の動きでうまくレーザーが照射されなかったり、関節付近の入り組んでいる部位や骨ばった部位の照射時に脱毛機の照射面が肌に密着しなかったりすることが照射漏れの原因です。

特に手首や足首の関節、アゴやアゴ下の凹凸が多い部位で照射漏れが起きやすい傾向があります。

レジーナクリニック オムでは、施術部位をマーキングすることで照射箇所を明確にし、照射漏れが起きないように施術を行っています。

しかし、骨格が複雑な部位で脱毛機が密着しきれなかったり、照射時に痛みを感じた患者様が身体を動かしたりしてレーザーの照射位置がずれると、照射漏れが起きる可能性もあります。

施術後に毛が抜け落ちずにまとまって生えている場合や、一定期間を過ぎても毛が抜け落ちない場合は照射漏れの可能性があるため、施術を受けたクリニックにご連絡ください。医師が照射漏れと判断した際は、該当箇所を無料で再照射いたします。

なお、照射漏れの保証期間は、熱破壊式アレキサンドライトレーザー脱毛機、蓄熱式ダイオードレーザー脱毛機どちらの施術でも28日間です。

期間を過ぎると無料での再照射ができなくなってしまうこともあるため、照射漏れの可能性がある場合はお早めにクリニックにご連絡ください。