脱毛の痛みへの対応

医療レーザー脱毛施術は、 部位や毛量によって個人差はありますが、痛みを伴います。

レジーナクリニック オムでは、冷却機能を搭載した脱毛機の使用や麻酔クリームの処方・塗布、患者様の肌質や毛質に合わせたレーザーの出力調整によって、患者様の施術時の痛み軽減に取り組んでいます。

脱毛施術の痛みの原因

医療レーザー脱毛は、黒い色素(メラニン色素)に反応して熱を発するレーザーを照射します。照射時に発生した熱が皮膚に伝わると痛みとして感じられます。

レーザーは、メラニンの色素が濃いほど強く反応するため、 太い毛が生える部位は熱が生じやすく、痛みを感じる可能性が高まるのです。

このときの痛みは、輪ゴムでパチッとはじかれるような刺激と言われます。皮膚が薄い部位では骨に響くような鈍い痛みが生じることもあります。

なお、施術時の痛みの感じ方には個人差があります。レーザー照射時に痛みが発生しなくても発毛組織が破壊できていないわけではありません。

痛みが生じやすい毛質や肌状態の特徴

太く濃い毛

太く濃い毛はメラニン色素を多く含みます。レーザーが強く反応して熱が発生しやすいので、痛みを感じる可能性が高くなります。

ワキやVライン、Iライン、Oラインのデリケートゾーン、ヒゲが生える頬やアゴ 、胸毛が生える胸は痛みを感じやすい部位です。

薄く柔らかい皮膚

薄くて柔らかい皮膚は外部からの刺激に敏感です。そのため、Vライン、Iライン、Oラインのデリケートゾーン、腕やひざ下や足の甲・指などの皮膚が薄い部位は、レーザー照射時の熱さを感じやすくなります。

また、薄い皮膚におおわれた部位はレーザー照射時の衝撃が皮下に伝わりやすい場合があります。

ひじやひざの関節、顔へのレーザー照射時に骨に響く鈍い痛みを感じる方もいます。

日焼けした肌や濃い褐色肌

日焼けによって色素沈着した肌や濃い褐色肌も痛みを感じやすい傾向にあります。レーザーが毛だけでなく、皮膚表面のメラニン色素に反応し、熱を発してしまうためです。

なお、日焼け直後で赤みがある肌や炎症を起こしている肌は、レーザー照射で火傷するおそれがあるため、施術は受けられません。

脱毛施術期間中は日焼け止めクリームを塗ったり、長袖・ロングパンツなどの肌を露出しない服装を着用したりして紫外線を浴びないようにしましょう。

また、帽子やサングラスなどで日差しを防ぐことも大切です。

乾燥肌

乾燥肌は、外部刺激から皮膚を保護したり、肌内部の水分を保持したりするバリア機能の働きが弱まっている状態です。

バリア機能の低下で肌は刺激に敏感になり、レーザー照射時の熱で痛みを感じる原因となるのです。

乾燥した肌は、外部刺激に敏感な状態です。乾燥肌が原因で生じる施術時の痛みを防ぐには、日ごろから肌をしっかり保湿しましょう。

特にヒゲ剃りなどの自己処理は、電気シェーバーの摩擦などで肌に負担がかかるため、剃毛前後は頬やアゴ、口周りは入念に化粧水や乳液を塗って肌にうるおい与えてください。

身体にはローションやクリームを使用し、背中やお尻などの手の届きにくい部位はスプレータイプの保湿剤を使って塗り残しを防ぎましょう。

自己処理でダメージを受けている肌

ヒゲ剃りなどの自己処理による肌ダメージもレーザー照射時に熱による痛みを感じやすくなる一因といえます。

カミソリの刃が肌の表面(角質層)を傷つけ、バリア機能を低下させるためです。自己処理は電気シェーバーを使用し、剃毛時は肌に刃を強く押し付けないようにしましょう。

レジーナクリニック オムの施術対応

冷却機能を搭載した脱毛機の使用

レジーナクリニック オムでは、冷却機能を搭載した脱毛機を使用して施術を行います。

レーザー照射と同時に肌を冷やし、照射時に発生した熱を感じにくくし、痛み緩和につなげます。

冷却によって皮膚内に熱がこもりにくくなり、赤みなどの炎症予防にもつながります。

また当クリニックでは、患者様の毛質や毛量、肌にあわせて施術に利用する脱毛機を使い分けます。

ヒゲ、VIOライン(デリケートゾーン)以外の部位は蓄熱式ダイオードレーザー脱毛機で施術を行います。低出力のレーザー照射による大きな熱を発生させにくい施術によって、痛み軽減を目指します。

麻酔クリームを無料で塗布

レジーナクリニック オムでは、痛みに不安な患者様に対して、ご希望があれば麻酔クリームを無料で処方・塗布しています。

施術部位にクリームを塗布し、皮膚感覚を麻痺させて痛みを緩和させます。ただし、まったく痛みを感じなくなるわけではありません。

麻酔クリームの使用をご希望の方は、カウンセリングや施術の予約時にスタッフにご相談ください。医師が診察を通じて麻酔処方の可否を判断します。クリームの成分にアレルギーがある場合は処方できませんので、ご了承ください。

麻酔クリームは塗布して効き目が表れるまで30分ほどかかるため、ご契約のプランによっては、予約時間の30分以上前のご来院が必要な場合がございます。

なお、痛みが不安で麻酔クリームの利用をご検討中の方は、カウンセリング時にテスト照射で痛みの感覚を確認いただくことも可能です。テスト照射をご希望の場合、無料カウンセリング予約時にお申し込みください。

患者様の肌質や毛質に合わせた出力調整

施術では、医師の診察にもとづき、患者様の毛質や肌質に合わせて設定したレーザー出力で施術部位を照射します。

施術の際は、看護師が部位ごとにレーザーを数回照射し、患者様の痛みの感じ方を確認いたします。

痛みが強すぎる場合は照射テンポを調整するなど、患者様のご希望に合わせて対応し、施術時の痛み軽減に努めています。